なぜ湿度が高いと髪がまとまらないのか?

  このひと手間で雨の日も髪が広がらない!

 

 

IMG_1661

 

 

くせがある方は湿度が高い日は特に髪がまとまらないという声をよく聞きます。そもそもなぜ湿度が高いと髪がまとまらないのか?その原因を知ることで、雨の日も広がらない方法をご紹介します。

 

湿気により髪がまとまらない原因

毛髪の水分量は髪全体の12%になります。12%の水分は、さらに細かく分類されます。

 

・結合水 5%…健康な髪には常にある水分でいわゆる、髪の潤いと呼ばれるもの。

・自由水 7%…外気などによって髪に出入りする水分。

 

今回のテーマである「自由水」ですが、例えば雨の日の一日を思い出してみてください。朝スタイリングを終え、会社に到着した時にはボサボサに・・・別に直接雨に濡れたわけでもないのに…これが自由水の仕業になります。自由水は常に7%というわけではないため、外気の影響をダイレクトに受けます。そのため出勤途中に外の湿気をたっぷりと含み、会社に着き室内に入る事で湿度が下がるため外で含んだ水分が揮発します…その瞬間に髪のボサボサが固定されます。

 

解決策

ではボサボサにならないためにはどうしたらいいのでしょうか?髪の水分量をコントロールする事で髪はまとまりやすくするのです。要するに、自由水の出入り口をふさいでしまうことが解決策になります。

具体的には、オイル系の洗い流さないトリートメントを使用する事をおすすめしますが、シャンプー後1回、朝のスタイリング後もう1回の二度づけでないと効果が半減します。また洗い流さないトリートメントも様々なものがありますが、お客様の髪によっても、最適なオイルトリートメントは異なりますし、それでは解決できない場合(くせがある程度強い方)はストレート系のパーマによる解決もできますので、ぜひご相談ください。

シービスケットからあなたへ
NEWS
INFORMATION
CALENDAR

定休日
RESERVATION
スタイリストごとの空き状況をご確認いただけます
ご予約・空き照会/お問い合わせ
 
*ご予約(空き照会)…24時間受付可能です
 
静岡の美容室シービスケット
ご予約・空き照会   
トップページ
初めてHPをご覧になった方へ
大切なお客様へ
 ≫ご自宅でのケア、髪に関して
メニュー・料金
私たちが得意なこと
シービスケットからあなたへ
店舗情報・アクセス
求人情報
お問い合わせ
FACEBOOK