ご自宅でのケア、髪に関して
01
よいシャンプーの選び方
良質な洗浄剤が健やかな地肌・うるおいのある髪へのはじまりです。
お使いのシャンプーと見比べてみてください。

→「シャンプー界面活性剤成分表」をみる
02
簡単スタイリング
■ロング・ミディアムヘア簡単スタイリング
①右手にドライヤーを持ち、
頭を左に傾け左手で髪を後ろに流すように乾かす。
②乾いたら次に進み、後ろ側を同じ方向で左耳の後ろまで乾かす。
(頭上から見て時計回りに円を描くように)
③左耳の前からはドライヤーを左手に持ち替え、
先ほどまでの流れと同じように顔の方に流しながら乾かす。
④分け目を消すように、乾かしてきた方向と逆の方向に髪を戻す。
■ショートヘア簡単スタイリング
①右手にドライヤーを持ち、
頭を左に傾け左手で髪を後ろに流すように乾かす。
②乾いたら次に進み、後ろ側を同じ方向で左耳の後ろまで乾かす。
(頭上から見て時計回りに円を描くように)
③左耳の前からはドライヤーを左手に持ち替え、
先ほどまでの流れと同じように顔の方に流しながら乾かす。
④分け目を消すように、乾かしてきた方向と逆の方向に髪を戻す。
■パーマヘア簡単スタイリング
①洗い流さないトリートメントをつけてくしでとかしてなじませる。
②最初に根元を乾かす。
その際、ドライヤーの吹き出し口を地肌近くに持っていく。
③顔を包み込むように、右側から指でねじりながら乾かす。
左側は反対方向にねじる。
④クロワッサン状のものを4本作ったら、
クロワッサンを手のひらに乗せながら乾かす。
⑤ワックスや洗い流さないトリートメントなどを手のひらによくのばし、
クロワッサンを崩すように髪をほぐす。
(このときブラシでとかさないように注意)
03
本当によくある質問
Q:カラーとパーマ(ストレートパーマ)、どちらを先にしたらいいですか?
A:
基本的にはカラーリングを先にされることをおすすめします。パーマやストレートパーマに使用する薬剤は、髪質やダメージレベルに応じて強さが数種類ございます。 そのため、均一なパーマのかかりのためにはカラーリングがされている髪とされていない髪とで薬剤を使い分ける必要がございます。 もしも根元のカラーがたくさん伸びた状態でパーマやストレートパーマをかけますと、 傷んでいる毛先に合わせた薬剤を使用することになり、根元のかかりがいまいちになってしまうのです。
Q:カラーリングをしているとき頭皮がピリピリとしみるのですが、ガマンするしかないですか?
A:
カラーリングがしみる方はカラー前にスタッフにお申し付けください。 当店は事前にカラーリングに対する刺激の有無を確認させていただいたり、アレルギーの方も使用できる白髪染めのご案内もさせていただいております。 また、カラーリングの前にオイルスプレーを塗布して頭皮にオイルで膜をはり刺激を緩和することもできます。 カラーリングの前にシャンプーをする美容室も中にはあるようですが、シャンプーによって皮脂が洗い落とされ、頭皮が敏感な状態になってしまいます。 その状態でのカラーリングは刺激を感じやすいので、できれば、美容室に来る直前のご自宅でのシャンプーは避けてください。
Q:前髪をななめに流したいけれど下を向くたびに落ちてきて邪魔なのはどうにかなりませんか?
A:
ヘアスプレーを上手に使って固めれば髪は落ちてこなくなります。 全国放送の女性アナウンサーは見た目にはわかりませんが、お辞儀をしてきたときに顔に髪がかからないように髪を固めてあります。 固める方法は流している前髪を額に対して垂直くらいに持ち上げ、髪の生え際から根元付近めがけてスプレーを0.5秒程度軽く一度ふります。 そのまま前髪を下し、今度は毛先付近に1秒程度軽く一度ふります。 ポイントは髪を持ち上げて根元にふってすぐに髪を下すことです。ここでスプレーをふりすぎたり、 そのまま持ち上げたままにしておくとウェット感が出て不自然になったり、バブルのように前髪が立ち上がってしまうので注意が必要です。 わからない方や上手くいかない方はぜひご相談ください。
Q:いつも右側の耳より前の髪だけが前側に向かってしまうのですがなぜですか?
A:
ほとんどの方はつむじが反時計回りになっていますので、髪の流れで右側だけがペロンと前に流れてしまいます。 ですから、ドライヤーをかける際に、髪を時計回りに流すように乾かしてください。(つむじの向きが反対の方はドライヤーも反対向きに当てます) 右の髪は後ろに向けて、後ろの髪は左に向けて、左の髪は前に向けて、前の髪は右に向けて…と1周回すようにします。 ブローをされる方は右側の髪を後ろに流すといいのですが、手が届かない方はブラシを少し立てて下に落とすようにしてください。
Q:パーマをかけた後はシャンプーをしない方がいいですか?
A:
いいえ、洗っていただいても構いません。美容院によってはいまだにそのように言うところもあるようですが、洗わない方がよかったのはかなり昔の話です。 少し難しい話になりますが、パーマやストレートパーマは2種類の薬を付け、つける順に1液、2液と言います。 1液で髪の形状をウェーブ(またはストレート)に変え、2液でそれを定着させます。 昔は2液の反応が悪く、定着に時間がかかったためサロンから帰って1晩かけて定着させる必要がありました。 そのためパーマをかけた日にシャンプーをしてしまうと定着させられず、パーマが取れてしまうという訳だったのです。 しかし今では薬剤の性能がよくなり、15分もあれば十分に定着させることができますから、パーマ後のシャンプーも問題ありません。 また、同じ理由で『ストレートパーマをかけた後はゴムでしばったり、ピンでとめたりしないでください』と言われた経験があるかもしれませんが、それも問題ありません。
NEWS
INFORMATION
CALENDAR

定休日
RESERVATION
スタイリストごとの空き状況をご確認いただけます
ご予約・空き照会/お問い合わせ
 
*ご予約(空き照会)…24時間受付可能です
 
静岡の美容室シービスケット
ご予約・空き照会   
トップページ
初めてHPをご覧になった方へ
大切なお客様へ
 ≫ご自宅でのケア、髪に関して
メニュー・料金
私たちが得意なこと
シービスケットからあなたへ
店舗情報・アクセス
求人情報
お問い合わせ
FACEBOOK